FAX機やFAX複合機の値段・価格相場はいくら?ネットFAXと料金を比較してみた

ファックス

 

インターネットFAXは、従来の電話回線を使ったサービスと違い、インターネット回線を利用することで、紙ではなくデータでの送受信ができるサービス。
ここまでのページで紹介してきたように、紙の使用量の削減にもつながりますし、環境にもよく、用紙やインクやトナーなど消耗品にかかるコストの削減にもなります。
このページでは、従来のファックスの値段を検証し、ネットファックスのお得さを裏付ける事が出来るか?にチャレンジしてみます!

 

FAX機の値段・価格相場は?

まずFAX機の一般的な価格とは、どれくらいなのでしょうか?
実際にはどのメーカーから販売されているかの違いはありますが、8千円から1万5千円ほどが相場の値段となっています。

 

ヨシタロウおすすめのnetfax会社

 

管理人が調べてみたところ、パナソニックのFAXは価格ドットコムで下記のような価格でした。

 

価格ドットコムでの価格(2020年2月現在)
コードレス普通紙FAX・子機1台のタイプ 29,007円(税込み)
迷惑電話防止機能タイプFAX・子機付き

11,290円(税込み)

感熱紙FAX・子機1台のタイプ

19,888円(税込み)

 

ファックスは大きさや重さも気になる…

ちなみに、上記のようなFAXは、これまでの電話機と比較しても、FAXの機能やコピー機としての機能もあるため、それ相応の大きさではあります。
ただ総重量は3キロほどになので、設置するときもそれほど大変ではなさそうです。
同時に子機がついている機種もありますし、電話を利用する際にも便利なのではないでしょうか。
こちらのFAX機はどちらかと言うと、家庭や小さめのオフィスなどの利用に向いているでしょう。

 

ただ

「3キロでも設置するのが面倒!」
「余計なものを置くスペースなんてない…」

こんな方は、やっぱりインターネットFAXがおすすめです。

 

>>おすすめのインターネットFAX会社は?比較表を見る

 

比較表を見て、自分にぴったりのネットFAXサービスを見つけましょう♪

ファックスを使うとインク代もかかる

印刷代も大事!

 

次にインク代です。

これも機種によって価格の差は激しいですが、900円から3500円ほどが相場となっています。
まず、印刷する際に使われるインクの種類で大きく値段が変わります。
白黒であれば、黒のインク1本ですむので値段は安め。
フルカラーだと、黄・赤・青・黒の4色が使われています。
さらに、同じ4色でも機種によって差が結構あります。

 

ちなみに先程紹介したパナソニックのFAXのインクは、下記のような価格になっています。

メーカー希望小売価格(2019年3月現在)
専用のインクフィルム 1本680円(税抜き)
感熱記録紙

1本450円(税抜き)

管理人が調べたファックスは、どれも専用のインクを使うみたいでした。
「セットで買えば手間が少ないのがメリット」って感じですね。
メーカーの価格より安く買えるのかは、今のところ不明。
これがデメリットでしょうか…?

 

ヨシタロウおすすめのnetfax会社

 

パナソニック以外のメーカーさんも、インクに関しては「消耗品」として自社の商品と一緒に販売しているところが多い印象です。

FAX複合機の値段・価格相場は?

ファックス複合機は高い?

もう一つの種類として複合機というものがあります。

複合機は電話やFAXはもちろんのこと、コピーやプリントやスキャナーとしての豊富な機能がついている機種となります。
価格は2万円代から高額なものでは100万円以上!!
の高価な機種も存在します。

 

例えば下記のように…!

公式サイトの参考価格(2019年3月現在)

brotherのモノクロ
高速プリント複合機

89,100円

canon・カラー複合機

3,000,000円

(ブラザーは通信機器などを展開するメーカーです。)

 

無線LANに対応している機種の場合、20万円から30万円ほどするものが相場のようですね。
そしてその中でも最も設置されているケースの多い複合機は、100万円以上する機種が大半です。

 

高い!!!

 

と言うのが、複合機の価格に関する正直な感想です…。
購入でなくリースでの利用の場合でも、毎月およそ5千円からとなっているようです。
一枚印刷する際モノクロであれば2円ほどで印刷できますが、フルカラーになると一枚10円を超えてしまいます。

 

ヨシタロウおすすめのnetfax会社

 

こうして見ると、

  1. かなりの枚数のFAXを毎月確実にやりとりする
  2. 資本金が大きい

faxや複合機を購入するなら、上記の条件を満たしている方や会社がおすすめです。

つまり…、
faxの値段を安く抑えたい方にはネットファックスの方が圧倒的におすすめ!!
なんですね!

その他従来のFAXにかかる諸経費

従来のFAXを利用していくならば、その他にも下記のような料金がかかります。

 

FAX機を購入して使用する場合
  • コピー用紙代
  • インク・トナー代
  • 故障した場合の修理費
リースでFAX機を使用する場合
  • リース料金
  • 保守メンテナンス料金
  • コピー用紙代

やはり、本体代以外にも細かい諸経費がかかりますね…。
リースの場合、故障した際の修理費は「保守メンテナンス料金」(カウンター料金と呼ぶサービスもあるようです)で賄われます。
なにかあった時の対応をプロにしてもらえる分、普段から払うメンテナンス料金が発生するんですね!

従来のFAXとネットFAXの料金比較表

では従来のFAX機を使った場合と、インターネットFAXを利用した場合の料金の差はどのようになっているのでしょうか?
ここでは、FAX機をリースした場合の料金と、eFax・メッセージプラスの料金を比較してみたいと思います。

 

FAX複合機リース eFax メッセージプラス
初期費用 - 1,000円 1,000円
月額料金

リース相場
月額5,000円〜3万円程度

1,500円 950円
インク代 あり 必要なし 必要なし
用紙代 あり 必要なし 必要なし
保守メンテナンス料金 あり 必要なし 必要なし
送信料金 かかった電話料金(8.5円/3分程度)

月150枚まで無料!
151枚〜
10円/60秒(10円/1枚)

1枚15円
受信料金 無料

月150枚まで無料!
151枚〜
10円/1枚

無料
1か月にかかる費用合計 リース月額料金+インク代+用紙代+送信料+保守メンテナンス料

月額料金+送受信料
※100枚の場合1,500円

月額料金+送受信料
※100枚の場合2,450円

 

こうして比べてみると、FAX複合機のリースがいかに高いかわかりますね…!
eFaxやメッセージプラスなど、インターネットFAXサービスの料金に対し、FAX機のリースは相場の桁が違います…!

 

ヨシタロウおすすめのnetfax会社

 

導入する場所や会社の規模にもよると思いますが、
かなり大きい会社でFAXを大量にやりとりする場合以外、インターネットFAXを選んだ方が絶対にお得です!

ネットFAXなら初期費用が安くおさえられる!

いかがでしたか?
インターネットFAXは、サービスの提供会社にもよりますが、無料で始められることもあります。
また月々の値段も、無料から3千円程度の月額料金にプラスして、FAXの送受信の枚数に応じた価格となっています。

 

すでにインターネットに接続できる環境があるのなら、ネットファックスがおすすめ!
特に初期投資のための費用もかかりませんし、新たにFAX機を購入することもありません。

 

>>インターネットファックス比較ランキングを見る<<
ランキングへ