ネットfax・ファックスで添付出来る画像の解像度について

ファックス

 

インターネットFAXは、Eメールに添付する形で相手に送られます。
別ページでも紹介していますが、対応しているファイル形式はPDFの他、オフィスソフトで使われるエクセルやワードやパワーポイントがあります。
サービス提供会社にもよりますが、画像や写真ファイルのJPGやGIFという形式も対応しています。
このページでは、その解像度について検証していきます。

 

 

↓↓ クリックしてインターネットファックス7社の比較を見る ↓↓

ランキングへ

ネットFAX送信時の画像解像度は?

解像度は変えられる

インターネットFAXを利用している方の中には、FAXの送信に時間がかかってしまうので、使い勝手が良くないという意見もあるようです。
とはいえ、この問題はファイルのスキャンをする際の解像度の設定を変更することで解消できるのです。

解像度ってなに?

解像度とは、dpiという単位で表されるもので、1インチに対して入るピクセルの密度のことをいいます。
解像度が低くなると、その分マス目の大きさが大きくなるため、角ばった画像となってしまいます。
反対に解像度が高くなると、マス目の大きさが小さくなる(=細かくなる)ため、より画像が鮮明になるのです。
このことから、より綺麗に画像が見えるようにするためには、より高い解像度が必要ということになります。

 

ヨシタロウおすすめのnetfax会社

 

つまり、この解像度が高ければ高いほどスキャンする際に読み込む情報が多くなってしまうので時間がかかってしまいます。

 

ただし、サービス提供会社の方で送信できるファイルの容量の上限を設定している場合もあります。
極端に解像度が高い画像を送ることはできないこともありますよ。

 

解像度の設定に気をつけよう

インターネットFAXの利用の際には、この解像度の設定が重要視されます。
送信する目的やファイルの内容に応じた設定をしたり、データの圧縮を行うようにして、相手に伝わりやすいバランスのFAXデータを作成しましょう。
これによって、よりスムーズなやりとりが可能になります。

 

大抵のインターネットFAXの解像度の標準値は、200X200dpi、もしくは200X100dpiに設定されています。
ですので、文字だけの原稿であればそのまま送信すれば問題ないでしょう。

 

JPGやGIFなどの画像データの場合、あらかじめ圧縮などをして元の解像度を下げておくという方法もあります。
インターネットFAXの基本的なファイル形式であるPDFに変換を行っておくのもひとつの方法ですよ。

まとめ

せっかくFAXデータを送ったにも関わらず相手に伝わらないというのであれば、送る価値も半減してしまいます。
画像には用途によって適切な解像度がありますので、ほんの少しの工夫を行うことで改善していきたいものですね。
このサイトの最初のページでは、複数のネットファックス会社の独自ランキングを掲載しています。
efaxなどインターネットファックスを使いたいと思っている方は、読んでみて下さい♪

 

↓↓ クリックしてインターネットファックス7社の比較を見る ↓↓

ランキングへ