FAX機が故障!買い替え?それともネットFAX?

自宅やオフィスで使用中のFAX機が故障してしまった際に、FAX機の修理を行うか新しいFAX機や複合機の購入を考える方も少なくないでしょうけど、例えばそんなタイミングでインターネットFAXの導入をすると、どのようなことが起きるのでしょうか。

 

 

 

FAX機の故障の場合、FAX機の修理や新たな機器への買い替えとなりますと、そのためのコストがかかります。インターネットFAXであれば、初期費用が無料という場合もありますので、既にパソコンがあってインターネットに接続できている環境という条件が揃っているようなら、所定の簡単な手続きの後、すぐに利用できます。

 

FAX機の修理の場合でも、何日間か修理のための時間がかかってしまいますが、インターネットFAXであれば、申し込んだその日から利用できることが少なくありません

 

 

 

インターネットFAXは、無料などで初期費用があまりかからないということもありますが、毎月支払う料金も比較的安価なものとなっています。

 

基本的にFAXの料金というのは、FAXの送信のための通信料金や、FAXの受信の際には用紙代や印刷にかかるインク代がかかりますし、リースで利用しているようならリース代がかかります。

 

インターネットFAXの場合には、紙ではなくデジタルデータでの送受信となりますので、実際に使うものだけをプリンターで印刷すれば良いため、FAXのために使われる費用が大幅に下がります。紙の使用量が減りますので、エコロジーや環境問題にもつながります

 

 

 

インターネットFAXでは、FAXデータがEメールに添付される形で送られてきます。 そのため、FAX機がなくてもFAXの送受信ができるようになると同時に、送られてきたFAXデータは、インターネットに接続されているノートパソコンやスマートフォンなどで、外出先からも確認することができるため、自宅やオフィスにいなくてもFAXの送受信が可能となっているのです。