ネットFAXの一斉送信と添付ファイルについて

一斉送信

インターネットFAXはこれまでのFAXと違い、電話回線ではなくインターネット回線を使用するため、一斉送信という手法が使用できるようになっています。インターネットFAXはEメールの送信と同様、BCCのような一斉送信が可能なのです。

 

従来のFAXですとその都度相手のFAX番号に向けて送信するため、通信料金が発生してしまい、相手先の所在地域によっては思わぬ金額となることも考えられました。その点インターネットFAXの場合、一斉送信が可能なため、通信料金の節減にもなるということです。

 

特にFAXでのダイレクトメールなどを送信する企業や、多くの支社を持つ企業の場合、それにかかるコストの削減はかなり大きなものとなるでしょう。

 

インターネットFAXで一斉送信が可能な件数というのは、サービスの提供会社によって違いがありますので、実際の使用頻度に応じて料金を踏まえつつ、サービス提供会社を選ぶときの目安とすると良いかもしれません。

添付ファイル

インターネットFAXは、添付ファイルを同時に送ることが可能となっています。基本的にインターネットFAXはPDFファイルの形式に変換されて送信されます。Eメールに添付する形で送受信することができるため、外出先のノートパソコンやあるいはスマートフォンなどの携帯電話でも閲覧ができるのです。

 

そのため外出先でインターネットFAXを確認する方は使用しているノートパソコンやスマートフォンなどがPDFファイルに対応しておく必要があります。そのためのソフトは無料でダウンロードができます。

 

インターネットFAXで添付できる形式は前述したPDFの他、提供会社にもよりますが、オフィスソフトのワードエクセルパワーポイント、画像ファイルのJPGGIFといったところがあります。

 

ただし、エクセルやワード形式の場合、元のファイル作成の段階で改ページ機能を使用していないと、きちんと区切りが表示されないというケースも考えられます。確実に行う場合にはPDFファイルに変換してから送ると良いでしょう。